コンプレッサー リサイクル事業 | 交換 修理 | 埼玉電装サービス

Business
事業内容

Recycling
Business

コンプレッサーの
リサイクル事業

コンプレッサーの交換は、リサイクル商品が主流です。

コンプレッサーが不調や故障などで交換が必要になった際、交換される商品は、リンク品が主流となっています。
リンク品とは、メーカー純正部品を使用したリサイクル品のことを指します。 コンプレッサーのリンク品は、新品に比べて安価でご提供できます。 そのため、お客様のご負担を低減を図ることができます。
また、壊れた部品のみを交換し、廃棄する部品を最小限に抑えます。 資源や環境にも配慮した、循環型社会の商品でもあります。

埼玉電装サービスは、メーカー指定工場です。

  • 埼玉電装サービスは、「コンプレッサーセンター店」といわれるデンソーの指定工場の1社の認定を受けております。
    メーカーの整備基準に則って、コンプレッサーの修理を承っております。 コンプレッサーセンター店は、埼玉電装サービスを含め、全国で10社、関東では2社のみです(2018年4月現在)。

デンソー製のコンプレッサーの交換・修理を行っています。

埼玉電装サービスでは、デンソー製のエアコンに組み込まれているコンプレッサーの交換・修理を行っています。
主に、トヨタ自動車、ダイハツ工業、日野自動車などの自動車メーカーのエアコンがその対象となります。
それ以外の自動車メーカーでも、デンソー製のエアコンが搭載されていれば、対応可能です。

埼玉電装サービスは、このコンプレッサーのリンク事業を中核に事業展開している企業です。

コンプレッサーのリサイクル事業の概略

埼玉電装サービスでのコンプレッサーのリサイクル事業を簡単にご紹介いたします。実際のワークフローは、「回収から出荷まで」をご参照ください。

  • 1

    在庫されているコンプレッサーを出荷

  • 2

    コンプレッサーの回収

  • 3

    コンプレッサーの洗浄

  • 4

    コンプレッサーの修理

  • 5

    コンプレッサーの検査

  • 6

    検査に合格したコンプレッサーの保管
    (出荷に備えます。)